環境への取り組み

畜糞の積極的なリサイクル

※1
現在休止中です。
※2
発酵肥料として、1袋15kg・年間60万袋をホームセンター・JAなどに出荷しています。

クリーンフィルター

畜舎から排出される埃や臭いを除去し、環境との共生を図ることも大切です。
クレストでは、ドイツ生まれの防塵脱臭システムを採用。畜舎、畜糞処理施設の粉塵やNH3(アンモニア)を含んだ排気を、バクテリアのいる特殊フィルターを通すことで軽減させています。

リキッドフィーディング(養豚用液状飼料)

わたしたちは、年間1万2000トン以上、延べ約150品目を超えるバイプロダクト(食品製造過程などでできるおからなどの未利用・未使用食品)を原料として、養豚用の液状飼料を製造しています。
リキッドフィーディングの効果としては、現在、日本で普及している乾燥飼料養豚に比べて、飼料費の低減、消化吸収がよく健康で生育が早い、肉質向上、ほこりの減少による環境改善、呼吸器疾病等の減少、無段階給餌(日令にあわせて栄養価を毎日変えながら給餌する)によるストレスの低減、pHの調整による一般細菌、大腸菌の殺菌等が挙げられ、食品循環資源利用と養豚経営の改善に大きく貢献しています。

食品メーカー

人間が食べることもできる安全・安心な未使用・未利用食品、「バイプロダクト」を再利用します。

産業廃棄物中間処理業者

ここで二次分別され、収集運搬業者によって
ロッセ農場へ搬入されます。

ロッセ農場

プレミキサー

固形原料と液体原料を攪拌して、原料スープを作ります。

メインキッチン

製品スープ製造用ミキシングタンク 製造された製品スープはサイロにて保管されます。

サブキッチン

コンピュータによる配合設計
最終配合用ミキシングタンク
製品スープと補完資料(ベースミックス)が配合されリキッド飼料が完成

各豚舎

安全・安心で栄養価が高い飼料が豚に与えられます。

「2008愛知環境賞銀賞」受賞!

「循環資源再生利用ネットワーク」より
当社ロッセ農場の取り組みが高い評価を受けました。


「循環資源再生利用ネットワーク」は2003年に設立された、食品製造企業、食品流通企業、一般廃棄物・産業廃棄物収集運搬・中間処理企業、農・畜産生産者、飼肥料メーカー、生協等(会員数63:個人会員含。)で構成するネットワーク組織。
会員企業が提携し、食品循環事業を中心とした再生利用事業に貢献しています。2008年には、ロッセ農場でのリキッドフィーディングを中心とした取り組みが評価を受け、「愛知環境賞銀賞」を受賞しています。
株式会社 クレスト 愛知県小牧市大字大草5995番地 TEL:0568-79-2448