にわとりの飼育・農場部門
TOP > こだわり養豚 > 母豚の育成・繁殖部門

母豚育成 インファーム・ブリーディング

  • ロッセ農場では農場内で繁殖のサイクルを完結させる「インファーム・ブリーディング」に取り組んでいます。安全で良質な資質を持ったSPF原々種、原種豚から生まれた豚を母豚候補として、専用の離乳舎、馴致舎(じゅんちしゃ)で約5ヵ月間かけて農場の環境に慣れさせ、選抜していきます。
  • その間は健康診断(血液検査)などをしながら、常に健康状態をチェックし、心身ともに万全な状態に整えます。

母豚種付け 種付け豚舎

  • 種付けは100%人工授精で行ないます。 人工授精の効果としては、種付け時間の短縮、肉質の均一化、受胎率の向上という点が挙げられます。また、危険な雄豚を扱う必要がないため作業者の安全性が高まり、大幅なコスト削減も図ることができるのです。
  • 妊娠が確認されると、母豚は妊娠豚舎(休息豚舎とも呼びます)に移され、分娩予定日近くまでここで過ごします。
  • 豚の妊娠期間は114日、3月3週3日(みつき、さんしゅう、みっか)です。大変成長が早い動物で、「1歳の誕生日が初めてのお産」と言われるほどです。
  • 豚といっても太りすぎは禁物。難産になったり、母乳の出が悪くなったりするので、適正なボディコンディションを維持するために種付けから離乳時まで4回、P2点と呼ぶ背脂肪厚を測定し細心の注意を払います。

まめ知識① 母豚の餌のひみつ

オーダーメイドの餌
豚にも食欲の増減があります。また、年齢や大きさによって、餌の量や内容も変わってくるのです。ロッセ農場では発育段階毎の栄養を考えて、配合された、「オーダーメイド」の餌を与えています。

母豚分娩 分娩舎 (生後0日~18日)

  • 母豚は分娩予定日1週間前になると「分娩舎」に移動し、出産を待ちます。
  • 母豚は室温約18℃、生まれて間もない子豚は約37度の環境を好みます。分娩舎はその両方が同居する場所なので、環境調節には一番神経を使う部門。ロッセ農場では海外から取り寄せた最新の設備と技術を導入し、管理しています。
  • もちろん分娩舎でも、授乳期専用の栄養価の高い飼料を1頭ごとに個別管理しています。
  • 生まれたばかりの子豚の体重はたった1.5kgですが、生後1週間で2倍になり、離乳時の3週令には4倍の6kg以上になります。
  • 母乳を飲んで育った子豚は離乳舎へと移され、母豚は再び種付け豚舎へ戻され、次の種付けを待ちます。

まめ知識② 産まれたての子豚のひみつ

ダメママに注意
豚には母性本能がほとんどないと言われています。しかも1度に約12頭産まれる子豚はすべて「未熟児」でたいへん弱いのです。わたしたちは母豚が子豚を踏みつぶしたりする事故が起こらないように全神経を集中させます。分娩舎のスタッフは助産師さんであり、保育士さんでもあるのです。

ピンクのお寿司

子豚の寝姿は健康状態のバロメーター。重なるように寝ていたら「寒いのかな」バラバラに寝ていたら「暑いのかな」と判断し、温度調整をします。一番いいのは、桶に入った握り寿司のようにつかず離れずきれいに並んでいる状態。
「ピンクのお寿司」は快適に過ごしている証拠なのです。
株式会社 クレスト 愛知県小牧市大字大草5995番地 TEL:0568-79-2448